医療脱毛は本当に効果があるの?医療脱毛の仕組みと施術の流れをご紹介

永久脱毛

仕事中にふと目に入る指の毛やお化粧するときに気になるお顔のムダ毛、普段はそれほど気にしていなかったのに一度気になり始めるとあちこち気になってしまったり、薄着になる季節は特にムダ毛が気になることが多いのではないでしょうか。そんなムダ毛のお手入れしようと考えた時、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりする方法が一般的にされる自己処理方法です。

ワキや腕、脚など剃ったり抜いたりした後、数日間はきれいなお肌になっていますが、またすぐにチクチク生えてきたり、何となくお肌が黒ずんできり、毛が皮膚の中に埋もれてしまったり、せっかくきれいにするためにしたお手入れで逆にお肌のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

ムダ毛の自己処理で起こりうるトラブルと原因

カミソリでのお手入れは何度も剃ることを繰り返すことで刺激になり、メラニンが生成され色素沈着を起こす原因になります。 刺激で角質層が厚くなって肌がくすんだり黒ずみが生じたり 、またカミソリ負けによってかぶれや炎症を起こした場合も同様に色素沈着が生じたりします。

毛抜きを使って、本来はまだ抜け落ちないムダ毛を無理やり引き抜くと毛穴の周りの皮膚も一緒に剥がしてしまったり傷つけてしまいます。誤った自己処理により皮膚の毛穴や表面に傷を作ってしまうと角質が厚くなって毛穴をふさいでしまい、新しく生えてきたムダ毛は皮膚の表面から出られず中で成長し埋もれ毛となります。埋もれ毛は皮膚に黒いぶつぶつとした点がたくさんあるように見えたり触った感じもざらざらした感触になってしまいます。埋もれ毛を無理やり取り出そう間違った自己処理を繰り返すと、肌が何度も傷付き、色素沈着やシミが毛穴の周りにできるため余計に毛穴が目立つ原因になります。また傷付いた毛穴が炎症や化膿を引き起こし毛嚢炎というニキビ状のものができたり、皮膚が鳥肌のようになったりする原因にもなります。

そのほかにも脱毛ワックス、除毛クリームなどのお手入れ方法があります。
ワックスなどは毛抜きに比べ一度に広範囲のムダ毛処理ができるので楽なイメージがありますが、自己処理したい箇所以外の肌にも負担がかかる為、使用頻度や使用方法を誤ると毛抜きよりも埋もれ毛や毛嚢炎ができやすくなります。
除毛クリームなどを使用する場合も、ムダ毛を溶かす強いアルカリ性の薬剤にはたんぱく質を溶かす働きがある為、わずかながら皮膚も一緒に溶かしてしまい肌にダメージを与えてしまう可能性があります。
それでもやはり気になるムダ毛の処理に一番効果的なのは医療脱毛です。

医療脱毛とは

医療脱毛とは黒い色素(メラニン)にのみ反応する特殊なレーザーを使用し、毛根にある毛を作り出す毛母細胞内のメラニンにレーザーを照射して熱のダメージを与え、破壊することでムダ毛を生えなくさせる脱毛法です。レーザーをお肌の表面から照射すると、毛のメラニン色素に反応し熱を蓄積します。毛だけでなく皮膚のメラニン色素にも反応するのですが、メラニン色素の大きさで熱の蓄積が変わってくるので、大きいメラニン色素を持つ毛は、熱が蓄積されやすく冷めにくいため熱エネルギーによって熱破壊が起こります。この作用により毛根を破壊していきます。皮膚はメラニン色素が小さい為、すぐ熱が放出され冷めてしまうので肌に影響なく脱毛できるのです。このレーザーを使った施術は医療行為にあたるため、医療機関でしか扱えません。医療脱毛は医師のいる病院やクリニックのみで受けられます。

毛の周期と脱毛効果

医療脱毛を一度したからと言って毛がなくなるわけではありません 。体毛はすべての毛がいつも伸び続けているわけではなく、毛が生え変わる、毛周期(成長期、退行期、休止期)と言われる3つのヘアーサイクルから成り立ちます。

成長期は、毛が皮膚の表面に出ていて成長し伸びる時期です。毛乳頭から養分を盛んに吸収した毛母細胞が分裂して毛が増えます。毛の色素であるメラニンが多く作られメラニンが濃くなるので、レーザー光に反応しやすくこの時期に脱毛することが最も効果的です。
退行期は、毛の成長が止まりメラニン色素の生成も停止するためメラニン色素が薄くなります。毛母細胞の分裂が遅くなり、細胞分裂が停止し毛が毛穴から抜け落ちる準備を始めます。

休止期は、毛が抜け落ち次に毛が生えてくるための準備期間です。すぐに抜け落ちるのではなくしばらく毛包にとどまり、やがて毛が毛乳頭から離れ抜け落ちると成長期へと移行します。退行期と同じくメラニン色素が薄く少ないです。
毛の一本一本にこの周期があり繰り返し生まれ変わっています。毛周期の成長期に合わせてレーザーを照射することにより減耗の効果を感じていただけます。成長期以外にあたる毛は、メラニン色素が薄く毛と毛乳頭が離れている為ダメージを与えることができず脱毛効果は表れません。皮膚の表面に見えている毛は全体の1/3程度で残りの2/3は肌の奥にまだ残っている状態です。退行期や休止期にあたる毛は成長期になって肌の表面に出てくるようになってからレーザー照射を行う必要があります。

どのくらいで成長期になるのかは個人差や部位によっても異なりますが、目安として6~8週おきにレーザー照射することで多くの場合明らかな減耗効果を実感して頂けます。
毛が気になり毛周期を無視して照射期間を短くしたり逆に長くしたり、通うタイミングにばらつきがあると成長期に入った毛をとらえることができない可能性もあるので、クリニックで推奨されたタイミングで通うことが大事です。
また新しく生えてきた毛が気になって自己処理したくなると思いますが、毛抜きを使った処理方法はNGです。刺激が毛乳頭に伝わって毛周期が乱れたり、せっかくの成長毛を抜いてしまう可能性がありますので、お肌に優しい電気シェーバーで肌を刺激しないように軽く剃る程度の処理にしましょう。

レーザーの種類

当院の医療脱毛に使用しているレーザーはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、Nd;yagレーザーです。

アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという宝石を使用した755NMの波長をもつ厚生労働省認定のロングパルスレーザーです。メラニン色素への吸収に優れていて肌のダメージが少なく、繊細な日本人の肌に適してる脱毛レーザーです。肌と毛の色の差が大きい方が効果が高い為、ワキやV・I・Oなどの太く濃い毛に大変効果的です。脱毛だけでなく、毛穴の引き締めや黒ずみ、くすみを分解する美白効果やコラーゲン生成の促進などの美肌効果や毛孔角化の改善などにも効果があります。

ダイオードレーザーは半導体を利用して発生させる 波長が810NMのレーザーです。肌表面のメラニン色素の量に影響されにくくメラニン吸収率が低いため、肌質を選ばず敏感肌の方にもおすすめです。レーザー光が毛の生成を促すバルジ領域に作用するのが特徴で毛のメラニン色素の薄い細い毛や産毛、軟毛にも脱毛効果が得られます。

Nd;yagレーザーは熱波破壊の波長1064NMを持つレーザーです。医療レーザーの中で最も波長が長く、毛穴深くまで根付いた太く根深い毛に優れた効果を発揮します。肌奥深くの毛根に照射しダメージを与えるため肌表面への刺激が少なく、色黒肌や色素沈着、黒ずみの気になる箇所にも脱毛ができます。肌細胞を活性化させターンオーバーを早める働きがある為、古くなった肌表面の角質が剥がれ落ちやすくさせ新しい肌への再生を促進させる美肌効果も期待できます。

脱毛の流れについて

当院では医師による診察にて、気になるムで毛の部位やお悩みをお伺いし、毛質や肌質、自己処理方法や体調などを確信しながら脱毛方法や効果などをご説明させていただきます。診察後に脱毛する専用の部屋でお着換えをしていただき、脱毛する箇所の剃毛をします。剃毛後、照射した際に肌に対しての赤みの出方や強い痛みが出ないか、毛に対して効果的な反応かどうかなどを確認するためテスト照射を行います。テスト照射で問題がなければ 実際に医療レーザー脱毛を開始していきます。お肌にジェルを塗り、刺激を和らげる冷却ガスで冷やしながらレーザーを本照射していきますが、そのあいだもお肌の状態や痛みの度合いなどを確認しながら施術を行っていきます。照射後は冷タオルでジェルをふき取り、赤みやひりつきなど確認してから私服にお着換えして頂き終了となります。

所要時間は部位や体毛の状態によって個人差がございますが両ワキで照射時間が10分程度です。医療レーザー脱毛はエステなどのパワーが弱い光脱毛(エステでは一時的な減耗になり永久脱毛はできません)に比べかなり高出力ですので少ない回数と期間で脱毛効果を感じていただくことができます。

関連記事

  1. 永久脱毛の基礎

  2. 脱毛

    ゴールのある脱毛とゴールのない脱毛

  3. 腕の脱毛

    前腕・指の脱毛

  4. エステ脱毛と医療脱毛の違い

  5. あなたはどんな基準で脱毛サロンを選びますか?

  6. 永久脱毛

    脱毛に安さを求めるのか、脱毛品質を求めるのか。あなたの思いは…