ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

肌に元気がない。肌のくすみが気になる。年々、シミが増える、濃くなる。それらの多くは肌の角質が影響しています。角質ケアで肌を美しく整えませんか。
肌のケアは日々のセルフケアも大切ですが、定期的なプロの手による特別なケアはもっと重要です。メディカルエステはそんなあなたの大切な肌を何より大切にし、より高い効果であなたの願う美しさを叶えます。

角質ケアの中で、最も優れた効果を実感できる「ケミカルピーリング」はあなたの衰えた肌を蘇らせることはもちろん、美しさを保つこともできます。是非、この機会にプロのスキンケア、スキンメンテナンスをご体験下さい。
ここでは「ケミカルピーリング」の効果、実際について詳しくご案内致します。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、ケミカル(化学的に)+ピール(剥がす)という意味からなる歴史のある代表的なスキンケアです。

ケミカルピーリング  ケミカル(化学的)  ピーリング(剥がす)

お薬などの化学薬品もしくは天然乳酸などを用いて、皮膚の角質部分を剥がすことで、肌の自然な再生力を生かし美しい素肌を作り上げるトリートメントです。トリートメント直後から美白作用、肌のゴワツキなどが解消し美しい素肌へと変わることができます。


実はケミカルピーリングは、「剥がす」という表現をしているため、皮を無理やり剥がす、剥がれてしまうといったイメージを持たれる方が多いのですが、実際には違います。皮膚が溶けてしまったり、剥がれるのではなく、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が乱れた肌に対し、炎症反応を与えることで、角質と角質の接着を緩め、余分な角質や不要な角質を剥がれやすくし、生まれ変わりのサイクル:ターンオーバーを促し正常化させることで肌をキレイに整えるスキンケアなのです。

ケミカルピーリングの主な効果

ケミカルピーリングはトリートメント直後から肌をキレイにしてくれる効果があります。継続的なトリートメントによって肌のターンオーバーの正常化を軸により高い美肌へと導いてくれます。

  •  コラーゲン、エラスチンの生成を促進し、お肌にハリや弾力を与えてくれます。
  •  はがれ落ちない古い角質を溶かし、速やかに取り除きながら、表皮の新陳代謝を活発にする。
  •  アクネ菌や毛穴に詰まっている汚れを除去し、ニキビの改善・予防にも非常に効果的です。
  •  メラニンの生成を抑え、しみ・くすみを改善し、毛穴の黒ずみ・肌の色むらを改善してくれます。
  •  継続的なトリートメントによってお肌の保湿効果が高くなります。
ケミカルピーリングで実感できる主な効果
肌のしみ くすみ ごわつき
ハリ・艶 潤い 弾力
毛穴の開き 肌色・トーン 小じわ
ニキビ ニキビ痕 そばかす

ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングですが、使用する薬剤の種類によってお肌の反応が大きく違います。また、薬剤が反応する肌の層(レイヤー)、治療目的であるターゲット層に応じた薬剤の選択、濃度、浸透時間等の適切な判断が重要となります。
ここではメディカルサロン「keiyu-style」で使用している薬剤の種類、ケミカルピーリングの種類についてご紹介します。

 グリコール酸

グリコール酸はαーヒドロキシ酸に含まれる有機化合物で、サトウキビやぶどうなどに含まれる酸です。乳酸などと同様に別名フルーツ酸とも呼ばれています。フルーツ酸にはほかにもリンゴ酸、酒石酸、クエン酸などがありますが、グリコール酸は分子量が一番小さく、肌への浸透性が高いのが特徴です。グリコール酸は強力な角質除去作用があり、皮膚細胞再生を促進する効果があります。

 乳酸

乳酸とは、αーヒドロキシ酸に含まれる有機化合物で、乳酸菌による糖などの発酵で生じる成分です。乳酸は肌にやさしく刺激が少ないため安全性が高く、ケミカルピーリングでは一般的に使用されています。乳酸は分子量が大きいため皮膚の浅い部分に作用するので、ほかのピーリングに比べマイルドで刺激が少なく、どなたでも安心して施術を受けることができます。乳酸は角質細胞の接着を弱め古い角質を除去し、皮膚の細胞再生を促進する作用を持っています。また美白作用があり、しみ、くすみなどを改善し肌色を明るくし若々しい肌へと導きます。クレオパトラが乳酸を含むサワーミルク風呂で沐浴し肌をきれいに保っていたという話も有名です。

 サリチル酸
 サリチル酸マクロゴール

マクロゴールとサリチル酸の親和性が高いため、角層以外の細胞を傷害せず、炎症も起こらず安全です。血液中への吸収もなく、全身的な副作用の心配もありません。
上記同様、医療機関専用ケミカルピーリング剤です。
真皮にコラーゲン産生が起こるため、柔らかい弾力のある皮膚へ導きます。
しわやたるみといった皮膚の弾力の低下による変化には特に有効で、若返り効果が認められます。

 TCA

トリクロロ酢酸とは、水に溶けやすく強酸性で強い腐食性を持つ物質です。乳酸やグリコール酸は肌表面の角質層に作用するのに対し、トリクロロ酢酸はより強力で、肌の奥深くの真皮層にまで作用します。真皮層の線維芽細胞に働きかけコラーゲン生成を促進し、肌を土台から生まれ変わらせます。トリクロロ酢酸を使用したケミカルピーリングは、真皮層まで傷ついた凹んだニキビ痕などに大きな効果があります。ニキビ痕の凹んだ部分にトリクロロ酢酸をピンポイントで塗布することで皮膚を傷つけ、凹んだ部分の創傷治癒力が働きコラーゲンが増生され凹みが改善します。トリクロロ酢酸は安全性も高く、他の薬剤では改善できなかった難治性のニキビ痕も美肌へと生まれ変わらせます。

 PRX-T33

ケミカルピーリングの副作用・問題点

ケミカルピーリングの注意
薬液の種類、濃度、塗布時間、お肌の状態によって剥離される皮膚の深さは変わってきます。使用する薬液は医師とのカウンセリングの後、対象となる症状に応じて最適な治療法を提案いたします。ただし、単純ヘルペスの症状が出ている方や妊娠中の方、ケロイド体質の方など、医師が治療不可と判断した場合は、治療が行えない場合がございます。
ご相談時に詳細をお聞きください。

施術前の注意 ケミカルピーリング施術前の、髭剃りや顔そりはお控え下さい。またナイトケアでのパックやスクラブの使用もお控え下さい。
施行時間 お顔の場合、60分
施行経過 ケミカルピーリング直後は、皮膚が赤く発赤する場合があります。数日で治まってきますので心配ありません。
治療後は日焼け止めを使用し、遮光を心がけてください。
痛み・副作用 ケミカルピーリング中は、軽いヒリヒリ感を感じる場合があります。
洗顔・メイク 当日より可能ですが、サリチル酸マクロゴールピーリングの場合は翌日より可能です。
通院 2~4週間に1回のペースで6回程度治療を行っていきます。
お肌のサイクルが改善すれば続ける必要はありません。
その他 施術後の経過には個人差があります。

私たちのケミカルピーリング

ケミカルピーリングのコース

私たちのケミカルピーリングはこれまでのケミカルピーリングとは違い、肌の症状、ご希望する肌の仕上がりに応じたケミカルピーリングを選択できるプランです。使用するお薬の種類、濃度、導入剤に到るまで細かな違いによってあなたの望む肌へと導くことが私たちの”ケミカルピーリング”ですのでケミカルピーリングが未体験の方、ケミカルピーリングを受けたけれど効果に満足できなかった方、是非私たちのスキンケアピーリングをご体験下さい。

ケミカルピーリングの種類 主な効果
 ホワイトニングピーリング 美白、シミ、くすみ
 アクネピーリング ニキビ・ニキビ痕
 肝斑ピーリング シミ、肝斑
 ポアレス・毛穴ピーリング 毛穴引締め、たるみ毛穴
 BHAピーリング アクティブなニキビ
 アンチエイジングピール シワ、たるみ
 TCAピール ニキビ痕、深層
 マッサージピール 若返り、シワ
※ ケミカルピーリングの名称もしくは、 をクリックすると詳しいプランの内容をご覧頂けます。

ケミカルピーリングに関する疑問を解決!!

ケミカルピーリングの痛みが心配

ケミカルピーリングに持つ印象は、「皮:皮膚を剥ぐ」というイメージを想像されることで激しい痛みを持つのではないかと心配される方が多いのですが、実際のケミカルピーリングというのは全く違います。皮を剥ぐという表現は間違いではないのですが、皮が剥がれ落ちるようなことはありません。
ケミカルピーリングはあくまで角質ケアです。非常に薄い角質の上層だけに刺激を加えるだけですので剥がれ落ちることもありませんし、痛みを感じることもありませんのでご安心下さい。

ケミカルピーリングを受けたいと考えています。他との違い、特徴はなんですか?

ケミカルピーリングに持つ印象は、「皮:皮膚を剥ぐ」というイメージを想像されることで激しい痛みを持つのではないかと心配される方が多いのですが、実際のケミカルピーリングというのは全く違います。皮を剥ぐという表現は間違いではないのですが、皮が剥がれ落ちるようなことはありません。
ケミカルピーリングはあくまで角質ケアです。非常に薄い角質の上層だけに刺激を加えるだけですので剥がれ落ちることもありませんし、痛みを感じることもありませんのでご安心下さい。

ケミカルピーリングを受ける場合の通うスケジュールを教えてください。

ケミカルピーリングに持つ印象は、「皮:皮膚を剥ぐ」というイメージを想像されることで激しい痛みを持つのではないかと心配される方が多いのですが、実際のケミカルピーリングというのは全く違います。皮を剥ぐという表現は間違いではないのですが、皮が剥がれ落ちるようなことはありません。
ケミカルピーリングはあくまで角質ケアです。非常に薄い角質の上層だけに刺激を加えるだけですので剥がれ落ちることもありませんし、痛みを感じることもありませんのでご安心下さい。

ケミカルピーリングですが、何回くらい受ける必要がありますか?

ケミカルピーリングに持つ印象は、「皮:皮膚を剥ぐ」というイメージを想像されることで激しい痛みを持つのではないかと心配される方が多いのですが、実際のケミカルピーリングというのは全く違います。皮を剥ぐという表現は間違いではないのですが、皮が剥がれ落ちるようなことはありません。
ケミカルピーリングはあくまで角質ケアです。非常に薄い角質の上層だけに刺激を加えるだけですので剥がれ落ちることもありませんし、痛みを感じることもありませんのでご安心下さい。

ケミカルピーリングを受ける場合の注意点、治療を開始してから気を付けることを教えてください。

ケミカルピーリングに持つ印象は、「皮:皮膚を剥ぐ」というイメージを想像されることで激しい痛みを持つのではないかと心配される方が多いのですが、実際のケミカルピーリングというのは全く違います。皮を剥ぐという表現は間違いではないのですが、皮が剥がれ落ちるようなことはありません。
ケミカルピーリングはあくまで角質ケアです。非常に薄い角質の上層だけに刺激を加えるだけですので剥がれ落ちることもありませんし、痛みを感じることもありませんのでご安心下さい。

監修者:森本亜玲