誰もが憧れるツルツル素肌 レーザー脱毛

  • Home
  • Concept
  • Staff
  • Therapy
  • Price
  • Contact
  • FAQ
  • Sitemap

  • Therapy|治療のご案内
    Therapy TOPへ
    レーザー脱毛
    誰もが憧れるツルツル素肌。でも定期的な自己処理は意外に大変!!

    レーザー脱毛の原理
    レーザーは単一波長ですから、決まった色で光エネルギーが熱下します。脱毛用レーザーはメラニン色素に反応する波長であり、毛全体の8割は表皮より下に存在しているので皮膚の透過率も高くなければいけません。よって、Keiyu-Styleでは、脱毛に最も適した医療用Alexレーザー(アレキサンドライト・レーザー)を使用しております。皮膚に照射しても火傷など肌トラブルの心配がない安全なレーザーです。
    レーザーを照射すると一瞬にして毛がなくなりますが、これで脱毛が完了するのではありません。 毛は毛周期(もうしゅうき)という生え変わりのサイクルがあります。まず毛根に毛母細胞が入り込み、徐々に太い毛へと成長していきます。体の各部により異なりますが、ある期間を経過すると毛球部が萎縮し毛を脱落させます。その後、しばらく休止期にはいります。この休止期の毛根はメラニンの無い白い状態なので、レーザーをあてた時、成長期の黒い毛根はなくなりますが休止期の毛根は残り、しばらくすると生えてくるのです。永久脱毛では、この発毛期に合わせてレーザーをあてる必要があるので1-2ヶ月の間隔で5-6回の通院が必要となるのです。

    レーザー脱毛のながれ

    1)
    毛の構造。毛乳頭から毛が生まれています。


    2)
    レーザーを照射。冷却装置がついているので痛みはありません。


    3)
    毛周囲に熱によるダメージを与え、毛根からの発毛を遮断します。

    4)
    レーザー脱毛は埋没毛のトラブルがなく、安全に脱毛ができます。

    ●毛だけにエネルギーを集中させ、毛根にダメージを与えます。
    ●毛周期にあわせて照射しますので5〜6回の治療が必要です。
    ●埋没毛のトラブルがなく、安全に永久的な脱毛ができます。

    脱毛の流れ

    STEP.1)毛の処理
    レーザー脱毛前は、表面の毛が肌に影響を与えますので、すべてこちらで処理させていただきます。ご自身での処理はご遠慮下さい。

    STEP.2)皮膚の保護
    肌の検査機器で、メラニンの状態を調べます。冷却ジェルを使用し、皮膚を保護すると同時に熱い痛みなどを大きく抑えてくれます。その後、テスト照射を行います。

    STEP.3)レーザー照射
    希望する部位全体にレーザーを照射します。ご希望に応じて麻酔クリームの使用も可能です。

    STEP.4)照射直後
    1回目のレーザー脱毛が終了です。直後は部分的な赤みがありますが数分で治まります。

    注意事項
    レーザー脱毛の当日、シャワーは可能ですが、入浴は控えて下さい。
    レーザー脱毛は照射の翌日から一時的に乾燥傾向になりますので、十分な保湿を心がけて下さい。
    レーザー脱毛を開始したら毛を抜くなどの自己処理はしないで下さい(剃るのはかまいません)。

    脱毛前の約束事
    毛を抜かない
    レーザー脱毛で使用するレーザーはメラニンなど黒い色に反応します。そのため、照射前に自己処理で抜いてしまうと照射する部分に必要なメラニンがなく、レーザーが反応しなくなり意味がなくなってしまいます。また、抜くという自己処理は毛のサイクルを大幅に変化させてしまいますので、通院回数が増えてしまう可能性があります。

    日焼けをしない
    レーザー脱毛はメラニンに反応しますので、日焼けした肌は皮膚そのものにメラニンが沈着している場合がありますので、レーザー脱毛の効率を下げてしまう場合や、レーザー脱毛ができない場合があります。Keiyu-Styleでは事前に皮膚表面の検査で肌の状態を確認します。


    脱毛による問題
    自宅やエステサロンで行う脱毛は永久ではなく、一時的な脱毛です。誤った方法での脱毛は肌荒れや色素沈着などのトラブルにもなりますので注意が必要です。

    カミソリで剃る
    カミソリ処理は必要な角質までも取り除いてしまいますので、肌荒れを起こしやすく、保湿などしっかりとケアをおこなわないと色素沈着を起こしてしまいます。

    毛抜きで抜く
    一本一本の処理に時間がかかり、痛みを伴います。無理に引き抜くので炎症を起こし、毛穴周囲に黒いシミや鳥肌状のブツブツのある肌になってしまいます。

    家庭用の脱毛器
    家庭用脱毛器は安全構造上、永久脱毛は不可能な設計になっています。また、埋没毛ができやすく、使用頻度が増えると替え刃や器具のメンテナンスでかえって費用も高額になってしまうのです。

    サロン及びエステでの脱毛
    エステで使用される脱毛レーザーは、永久的な効果が見られていません。そのため、認可も下りないのです。「3年・5年保証」などありますが、そんな長い期間の通院が必要なら、コストと時間の面からも考え直されてみたほうがいいかもしれません。



    Keiyu-Styleの特徴
    短期間・短時間で終了
    針脱毛は1本1本処理するため時間がかかり激しい痛みもあります。しかし、レーザー脱毛は連続照射できるため驚くほど時間が短く、痛みも少ない脱毛法です。
       
    全身の脱毛が可能
      レーザー脱毛はメラニンに反応するレーザーですので、皮膚への悪い影響は一切ありません。基本的に全身脱毛も可能です。
       
    美白効果が認められる
      Keiyu-Styleで使用しているレーザー脱毛はAlexレーザーですので、表皮への負担が極端に少ないだけではなく、皮膚のメラニンも分解する作用がありますので、美白・美肌効果も期待できます。
       
    肌本来の美しさを取り戻す
      レーザー脱毛で使用するレーザーは、ムダ毛を処理し除去できるだけではなく、コラーゲンやエラスチンの活性化も期待できる優れたレーザーです。ですから、レーザー照射後は肌本来の美しさを自然に取り戻すことができます。


    脱毛をお考えのあなたに…
    レーザー脱毛(永久脱毛)は法律で定められた医療行為
    昭和63年に『永久脱毛』の行為は厚生省より「永久脱毛を業としておこなった場合は、医師法第17条の医業に該当し、それ以外は医師法違反に該当する」と回答されています。
       
    さまざまな肌質に合わせて治療法を選択
      Keiyu-Styleではレーザー脱毛、針脱毛などお客様の肌や毛の状態に合わせた治療法を医師が適切にアドバイス致します。ですから治療効果がみられないという心配がなく、肌を傷めることもありません。
       
    エステ脱毛との違い
      エステでおこなわれている光脱毛は照射時だけの一時的な簡易脱毛であり、永久的な効果は認められていません。サイバー脱毛やIPL脱毛などさまざまな名称をつけていますが、レーザー脱毛として認められているのは医療用のレーザー脱毛以外には存在しないのです。また、光脱毛は肌トラブルも多く脱毛時の火傷で摘発されているエステサロンも増加しています。


    【施療時間】両脇10分
    料金ご相談よくある質問
    Therapy TOPへ



    The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.