アクネピーリングとは?

  • Home
  • Concept
  • Staff
  • Therapy
  • Price
  • Contact
  • FAQ
  • Sitemap

  • FAQ|お問い合わせ



    アクネピーリング
    施療時間はどのくらいかかりますか?
    約60分とお考えください。施療内容はピーリング以外にイオントフォレーシスが約15〜20分含まれています。
    ピーリングは回数が必要と聞いています。1回ではない複数回コースはありますか?
    6回のコースがございます。また、その方の状態に応じたオーダーメイドコースをご提案することも可能です。
    施療中、痛みはありますか?
    当サロンで行う施療は、非常にマイルドなピーリングで痛みは一切ありませんのでご安心ください。
    どれくらいの間隔で通えばいいんですか?
    通常、ニキビ治療の場合2週間隔で通うことが望ましいと思います。その方の肌の状態によって変動はありますので、皮膚科専門医の診断後、適切な判断をさせていただきます。
    ピーリングに使用するのは乳酸ですか?
    基本はラクトジェルと呼ばれる天然乳酸を使用します。濃度はその方の皮膚の状態に応じて変えます。
    天然乳酸のメリットはなんですか?
    天然乳酸は合成乳酸と違い、刺激が少ないということ。回数を重ねると合成乳酸に比べて保湿効果が明らかに高いというメリットがあるため、当サロンでは医師の指示の下、天然乳酸を選択しています。
    ピーリングの後すぐにお化粧はできますか?
    ピーリングの後にお仕上げをし、その後は普段どおりのお化粧をしてご帰宅いただけます。
    ニキビの治療でホルモン剤とピルを服用しています。ピーリングに影響はありませんか?
    大丈夫です。通常通りのピーリングを受けていただいて問題ありません。
    ホワイトニングピールとアクネピールの違いを教えてください。
    使用するピーリング剤は基本的に同じです。ただし、濃度はその人によって違います。 その他の方法のなかでは、イオントフォレーシスの場合は使用する薬剤が違います。ニキビ治療に適した方法で専門的に治療します。
    会社帰りに寄って施療を受けることはできますか?
    当サロンは平日21時までのご予約に対応しておりますので、安心して受けていただくことが可能です。
    ピーリングを始めると同時に普段のケアで注意することはありますか?
    日常のお手入れを変更する必要はありません。普段のお手入れに合わせて治療することができるのが当サロンのピーリングです。ただし、ピーリングを始めたら気をつけていただきたいことが2つあります。ひとつめは十分なUVケアを行うこと。2つめは十分な保湿ケアを行うことです。古くなった角質をせっかく取り除いても、紫外線対策が不十分だとメラニンの再発が進行してしまいます。
    ジムでプールに通っています。ピーリングは大丈夫でしょうか?
    施療当日のプールは避けて下さい。その他は基本的には問題ありません。
    アダパレンという薬を皮膚科で処方してもらいました。アクネピールと併用できますか?
    アダパレンはレチノイン酸の一種で基本的な効果はピーリングと類似していますから併用する必要はありません。それに、併用するとかえって正常な皮膚にダメージを与える可能性がありますのでお勧めしません。当サロンでもアダパレンを処方した場合は、イオントフォレーシスのみで通院していただいております。
    ニキビ治療でレーザーも併用しようと考えています。併用の必要はあると思いますか?
    併用はすべての方に適しているとはいえません。その方の肌(ニキビ)の状態によって適応があればお勧めいたします。当サロンでもレーザー併用の治療を行っております。気軽にご相談ください。
    ニキビ治療はアクネピーリングだけですか?
    いいえ。当サロンでは皮膚科専門医が必要に応じて内服や外用剤も処方しております。


    The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.